水中歩行は退屈で・・・

2019.6/10(月)、雨  昨年夏ころから水中歩行をやっていますが、40~50分も何もせず歩いていると退屈です。ときどき初心者コースに移って軽く泳いだりもしますが膝が痛くなることがあり良くありません。とにかく退屈です。

何かやることはないかとボーっと考えていたら、面白いことを思いつきました。歩いているとプールの床がゆらゆらと揺れて見えます。そこで、光が斜めに水中に入るときに屈折するのはなぜかと考えてみました。

理科の授業では屈折率を使って計算したりしますが、私が疑問に思ったのはそもそも「屈折」はなぜ起きるのか、ということです。

むかし、屈折は空中と水中の光の速度の差によって起きると何かで読んだことを思い出しました。しかしサッパリその先がすすみません。そこでインターネットで調べるとちゃんと答えが書いてありました。

光が空中から水に入るときは、トラックがアスファルトの舗装道路から砂利道に入るような場合と似ているのだそうです。トラックが光で、砂利道が水中です。
つまり斜めに砂利道に入ろうとするトラックはまず運転席の左側(図に向かっては右側)の車輪が砂利道に入るので抵抗が大きくなり速度が落ち、右車輪はまだアスファルト道路にあるので抵抗が少なく先に進む。そうするとトラックの進行方向はやや左に向きを変える。つまりアスファルトを走って来た角度よりも大きな角度になる。
2019-06-10zu1

運転席の右側の車輪も砂利道に入ると左右の車輪とも同じ水の抵抗になるのでそのまままっすぐ進む。アスファルトを走って来た角度よりも大きな角度で砂利道を進む。これが屈折の原理だというのです。
2019-06-10zu2

参考・・・光の速度は真空中で最も速く、空中で少し遅くなり、水中などではもっと遅くなります。

なるほどよく分かりました。ところがちょっとおかしなことに気づきました。
トラックの左右の車輪のように2つの平行な光が来た場合を考えてみました。
2019-06-10zu3

画面に向かって右側の光が先に水に接触するので速度が落ちるのは分かります。ところが、左の光はそのまままっすぐ進んで水に接触するだけです。それぞれ水に接触したときに速度が落ちたとしてもなぜそこで曲がらねばならないのか分かりません。
2019-06-10zu4

つまり、トラックの左右の車輪は車軸でつながっているので、一方の抵抗が大きくて速度が落ちた場合、そちらに寄って(少し回転して)進行方向が曲がることは理解できます。

しかし2つの光線はつながっていないので、一方が速度が落ちたとしても他方はそれとは関係なく先に進んでしまい、曲がる(屈折)の説明はできません

ここで私は数日間あれこれと考えながら水中歩行をしていました。

2つの光線がもっとずっと近寄っていたらどうかと考えたのですが、いくら近寄っていてもそれぞれの2つの光線は独立しているだろうから他方とは関係なく動くだろうと考えました。
そこで2つの光線ではなく、幅が1mmくらいの1つの光線ではどうなるか考えてみました。しかし光線の右端と左端はやはり他端と関係なく動くと思われました。幅が0.1mmくらいでも同じでしょう。もし光の波長程度の場合でも同じかな?

(参考ですが、赤い光は約700nm(ナノメートル)、たぶん0.0007mmくらい)

光の波長とは何だ?、しかしこれは難しそうでこれ以上考えるのは止めました。(ずっと後でまた考えることになったのですが、それはまた後で)

何日かたって面白いことに気づきました。

光は波でもあり粒子でもあると言われています。そこで光の1粒について考えてみると、進展がありました。粒だから横幅があります。
2019-06-10zu15

その光の粒が水面に到達すると(下の図では)右側が水に接触して抵抗が大きくなり速度を落とそうとする。
2019-06-10zu16

光粒子の左側はまだ空中にあるので速く進む。その結果、光の粒は少し回転するような形になり向きを変える。
2019-06-10zu17

光の粒が完全に水中に入ると左右とも同じ抵抗になるのでそれ以上回転することはなくそのまま直進する。この方向は空中を飛んできた場合よりも角度が大きくなっている。このような光の粒がたくさん集まって、目に見える光線となっている。
2019-06-10zu18

これが、私が水中歩行しながら理解した屈折の原理です。(間違ってるかもしれません)

何日も何日もただ水の中を歩くだけですから、こんなことでも考えていないと間が持ちません。

模型飛行機を作った

2019.2/14(木)  60年ぶりにゴムでプロペラを回す模型飛行機を作りました。ネットで買うとしていたら近くのモデルガンなどを売ってる店にも売っていることが分かり早速購入。ネットよりも少し安かった感じです。
2019-02-14 16.25.13

最初は、孫を外で遊ばせようと作らせることを考えていたのですが、難しそうで孫と一緒に作ってやろうと考えを変えました。ところがそのうちに、とてもできそうにないので作っているとこを孫に見せてやろうに変わり、竹ひごなどを見ているうちに、作っておいて飛ばす手伝いをさせるのが良い所だと気づきました。
スマホ・ゲームばかりやってる子供には、そのうちに気が向いたら修理くらいすれば上等です。 
2019-02-15 13.10.33

昔は適当に作っていたものですが、今回は設計図に合わせてきっちりと作りました。
ただし、設計図ではアルミ製のヒューム管というものが2つだけは大きいと書いてあるのですがすべて同じ大きさでした。また主翼の中央部を少し曲げて上げるような図があるのですが、竹ひごはまっすぐなので曲げる訳には行きません。この部分が分かり難くいというか、設計図の間違いのような気がしました。
面白いことに、60年くらい前も似たような間違いがあったような気がします。まさか60年も間違いに気づかずに売ってる訳もないだろうにどうしたことでしょうか。不思議な事でした。
2019-02-15 14.42.03

羽根に膨らみを持たせるリムというものが昔はラワン材だったように思うのですが、今回買ったものはアルミ材に変わっていました。
2019-02-15 15.52.31

翼のねじれが無いように竹ひごとヒューム管を微妙に調整します。

紙の貼りつけ完了。水平尾翼の紙は貼り方を逆にしてしまいました。
2019-02-15 16.29.08

紙に、霧吹きを掛けてシワを伸ばすと完成です。ここまでで3時間あまりかかりました。
スマホゲームばかりやっている子供には集中力や手を使うことなどの訓練のためにいいではないでしょうか。手足の動かなくなったジジ-にも良いかもしれません、(^_^;
2019-02-15 16.28.29

ユズでジャムを作る

2018.11/29(木)、晴  たくさん取れたユズでうちの大蔵大臣がジャムを作りました。皮と実を分け、その実からさらに種を取り出し、皮の内側の白い部分は苦いそうで剥がして捨てたそうです。実はジュースに、皮はジャムに、種はジャムを作るとき、実から出るペクチンがとろみになるので一緒に煮るそうです。
2018-11-29 07.30.50

ミキサーで皮を切り刻んだようです。
2018-11-29 12.02.50

種をお茶の袋か何かに入れて一緒に煮ています。
2018-11-30 08.19.32

ビンをいくつも煮沸消毒しています。蓋もやったのでしょうか?
2018-11-30 10.58.37

ジャムをビンに詰めて出来上がり。うまそうです。
2018-11-30 12.15.31

砂糖がたっぷりですから注意しないといけません。

サルスベリの芽が出た

2018.4/10(火)、晴  サルスベリの枝を切った後にビニールを巻いていたのでそれを撤去しました。3月末が良かったのですが、急に寒くなったりしたので遅れてしまいました。
2018-04-10 16.05.12

一部のものは既に新芽が出ている所もありました。今年は暖かいせいか、それともビニールで覆っていたせいか?
2018-04-10 16.07.16