団地の集会所でスマホ講座

2020.7/8(水)、雨  昨日は、K団地の集会所で14,5名の方を対象にスマホ講座をやりました。2時間で来週と合わせて2回。 (私は参加者と離れているのでマスク無しでやりました。)
手間暇をかけない条件だったので、資料は2回用に作り直さず、ありあわせのものを使いました。資料は、画面の細かい所が分かり易くするためにはカラー印刷が良いのですが、残念ながら今回は先方にて白黒印刷。
もともと2時間ずつ10回分の資料を、6回用に絞った、入門、初級、中級を持っていたので、このうち、前の2つを使用。2回という短時間でどうやれば良いか、新たな挑戦・経験です。
市の百年塾という組織で4,5月に6回で募集したときは30名近い応募がありました。(コロナ騒ぎで中止になり、8,9月に再募集でやります)
ガラケーがサービス先細りの現状では、スマホ講習会のニーズは多いのですが要望にマッチした講座がないようです。例えば、ドコモに頼むと「らくらくホン」を勧める講座をやってくれるようですが、いろいろ問題ありそう。ここに書くと商売妨害と言われかねないので詳しくは書きませんが、私の方針は「高齢者にらくらくホンは勧めない」です。

コロナウイルスでスマホ講は中止

2020.3/28(土)、小雨 4/7(火)から1回2時間で毎週1回ずつ、6回ほど、市民教授としてスマホ講座を予定していました。25名近い応募をいただいていたのですが、残念ながらコロナウイルスの感染予防のため中止になりました。せっかく入門コース、初級コース、中級コースで合計70頁近いテキストを準備していたのですが。
2020-03-26 18.41.492020-03-26 18.42.45

2020-03-26 18.44.082020-03-26 18.44.25

欧米では都市封鎖が相次ぎ、東京もぎりぎりのところですから仕方がありません。日立市ではまだ感染者は出ていないようです。

フィットネスクラブは3月初めから集団で体を動かすものは全面的に停止になり再開の予定はないようです。筋トレは禁止になっていませんが、他人の握った道具はちょっと・・・。プールや風呂は問題ないようですが利用者は激減しており、いつもコース貸し切りのようにやれます。4、5月は自主休会です。

毎朝のラジオ体操前の107段の階段上りは2カ月くらい続けています。日によっては7キロくらいの犬を重しの代わりに抱いて登っています。多い日は朝昼夕の3度くらいも。

畑仕事はせっせとやれて嬉しいです。筋トレにはなります。

市民教授、スマホの先生

2020.3/9(月)、晴れ  3月5日号の日立市報にスマホ講座の案内が出ました。4月から日立市の市民教授としてスマートフォンの使いこなし方の講座を行います。
2020-03-05(1)

6回コースで、下の図のように入門、初級、中級コースに分かれています。
詳細⇒http://www.patentcity.jp/aobadaisaron/sumaho-shimin202004.htm
2020-03-09(2)

本日、事務局から案内があり、すでに10人近い申し込みが来ているそうです。4月7日からなので、その時までにコロナウイルスが落ち着いてくれればいいのですが、どうなるか心配です。

スマホ講座

2019.11/30(土)、晴れ 9月からやってきた青葉台サロンでのスマホ講座が2巡目になって、今週からは初級講座を始めました。
内容は、1巡目に10回やった内容を修正し、また一部は追加しています。
(クリックすれば画像は拡大されます)
2019-11-29(1)

この中の受講生の一人が、(火)は都合悪いとのことで、(木)(金)などに個別に協力することにしました。上のパンフレットにも書いてある「有償ボランティア」の2つめの仕事になります。
実は1つ目は、一昨日おこなったワードの指導でした。Excelは十分できる方で、ワードの初歩だけで、後はご自分でやれそうでした。

有償ボランティアは、数年来やりたいものと思っていたものでした。詰まり誰かに何かをお願いしたいのだが、お礼が大変だと思っている人がいます。そもそもお礼の物を買いに行くのが大変だ、という人がだんだん増えてきています。そこで、お礼なしで、できる人が協力しようというものです。しかし、お礼なし、と言われると迷惑をかけるだけでは大変だと思って支援を申し出られないことも想像つきます。
そこで、何かをやってもらうときに、ワンコイン(500円)を支払うことでお礼なしで気軽に頼めるようにしようというものです。何とかしてこのワンコイン・ボランティア活動を定着させたいと思っています。私が依頼する側になる前に。

ワンコイン・ボランティアを言い出すのが難しいのは、
・ボランティアでやるというのにお金を請求するのか、
・お金儲けの手段か、
・この歳になってまだお金が欲しいのか、
・お礼無しでやってる活動があるじゃないか、
などと考える人がいそうなことです。これを乗り越えるには、小規模の実績を作り、それを見せて広げていくのが簡単だろうと思っています。

ある会合で2時間かけてスマホ講座をやることになりました。2時間は長いようでもありますが、スマホを持っていない人から、スマホをかなり使いこなしている人まで役立つような話にする必要があるので苦労しています。下記のような内容にするつもりです。消化不良になるのは仕方がない、それでもやった方が良いと考えてやる予定です。
2019-11-29(2)

いつのまにか夏から秋です

2019.9/22(日)、晴れのち曇り 久しぶりに書きます。実は今年の夏はいろいろありました。

7月は、6月から始めた日立市にある市民カレッジで記録誌を作る担当になり、80頁くらいのものをまとめる担当を申し出て、いろいろやっていました。

8月になったら、日立市にある「さくらカフェ青葉台サロン」という所でスマホの使い方の講座をやることになりました。これは「さくらカフェ」の運営元が手を引くので「さくらカフェ青葉台サロン」も自主運営にする方向で模索しており、ここで何かをやらないか、というチラシに応じたものでした。やることにしたものの、その内容、進め方が全く分からず大変でした。

そうしているさなか、パソコンが壊れてしまいました。2011年5月から使ってきたので寿命化もしれませんし、ちょっと使い方を間違ったかもしれません。新パソコンを至急手配し、破損パソコンからデータを取り出したり、大変でした。

スマホ講座のためのテキスト作り・・・本屋で市販のテキストをいくつか見たのですが、適当なものが見つからず、自作することにし、講座は9月初めから開始のため8月中旬以降はテキスト作りで大変でした。入門、初級、中級と分けましたが、内容は8月に考えたものからだいぶ変わってきました。

さらに、パソコン講座とか「有償ボランティア」と言う個別サービスも「さくらカフェ青葉台サロン」で計画しており、それに対応することも計画してみました。

そんなことで募集案内は何度修正したことか・・・、4,5日に一回修正していました。ようやく最近になって固まってきましたが、まだ一部は変わりそうです。
image