ネット越しに食われたイチジク

2018.9/10(月)、晴  昨日、世界最大級のイチジク・バナーネに育っていた大きなイチジクの実が無残にも食べられてしまいました。頑丈な農業用のネットで作った袋の外から中を食べる器用さです。袋を破くことはさすがに出来なかったようです。
細い穴から手を入れて食べたのでしょう。食べきれずに途中であきらめています。
2018-09-09 09.06.33

どっちから見ても無残な形です。
2018-09-09 09.08.09

対策として、ネット袋の外側にペットボトルの胴を細工した筒を付けることを考えました。
2018-09-09 15.09.00

これだと絶対に手が届かないでしょう。
2018-09-09 15.10.31

イチジクの実は枝から5、6mmくらいしか離れていませんので、注意して取り付けます。
2018-09-09 16.21.52

ペットボトルの筒をネット袋に取り付けるとかさばって保存や持ち運びがしにくいので、防鳥ネットを袋の外に絡ませるものを作ってみました。
防鳥ネットの目の間隔は4cmくらいありますのでその間から手を伸ばして入れることはできますが、防鳥ネットに体が絡まってしまったりする恐れがあるので近寄らないのではなかろうかと、期待しています。
2018-09-09 16.12.27

被せるとこんな具合になります。もう少し目が詰まっていた方が効果的なように思えます。そのうちに修正しましょう。
2018-09-09 16.16.12

イチジクのハクビシン対策成功

2018.9/7(金)、晴  数日前、農業用の頑丈な青いネットを切って袋を作りました。これは以前から作りたかったのですが、面倒に思ってやっていませんでした。

昨年も、また今年の6月頃の夏の実も(イチジクは夏と秋の2回実がなります)、ほぼ全てハクビシンかネズミのようなものに食べられてしまっており、いよいよ最後の策として作ることにしたものです。やってみると案外簡単でした。

適当な長さに切って二つ折りして、2方向の開いてる部分をビニール紐で大きく縫い合わせました。裁縫用のゴム紐通しのようなものが役に立ちました。
2018-09-03 17.37.15

残った一方は周囲をビニール紐で大きく縫っておき、ビニール紐を絞めることができるようにしました。
2018-09-03 20.11.19

これを熟れる前のイチジクに被せて入り口を絞り、枝に結わえ付けます。
2018-09-04 08.04.49

熟れてきましたが食べられていません。大成功です!!
2018-09-06 06.29.09

2日ばかり早かったようですが、まずまずの味覚でした。
2018-09-07 15.39.38

うちには2つのイチジクがありまして、以上のものはこちらの木です。やや雑草に囲まれてかわいそうですが。
2018-09-01 06.49.51

もう一つのイチジクは、こちら。
2018-09-07 15.31.50

これは昨年5月頃に挿し木し、今年5月にはまだこんなに小さいものでした。それが、昨年末大きな穴掘って腐葉土や肥料、石灰、骨粉などを入れた所に移植したのですが、よほど具合が良かったのでしょう。
2018-05-09 11.21.02

大きく育った木にいくつかの実ができています。そのうちの1つがだいぶ大きくなったので、これにもネット袋を被せてみました。このイチジクは、世界最大級の実ができるバナーネというものです。夏の実は特に大きいので来年6月が楽しみです。
2018-09-07 15.32.15

イチジクが食われた

2018.9/2(日)、曇り時々小雨  数日前イチジクを何かに食われてしまいました。ハクビシンは来れないように赤い防鳥ネットを絡ませておいたので、もっと小さな、イタチとかネズミなどが来ているように思えます。
2018-09-01 06.49.30

全体を、100均で買った緑のネット2枚を組み合わせて覆っていますので、鳥は来れないはずです。
2018-09-01 06.49.51

台所の流しで使う水きりネットが100均で20枚くらいも買って来て余っていましたので、これで1個ずつ覆うことにしました。入り口を白い紐で縫って縛れるようにしました。(これくらいはやれる程度に器用です)
2018-09-01 09.30.37

昨日取り付けた第1号は、取り付け直後によく見るとすでに一部食われています。今朝になって見ると、新たに食われた部分はないので上手くいきそうです。(これは食べませんでした)
2018-09-01 10.53.04

新しくカバーを付けたもの。明日が楽しみです。
2018-09-02 11.38.23

安価インクはダメでした

2018.8/28(火)、曇  キヤノンのBCI371シリーズ対応の安いインクを使って写真をプリントしてみましたが、やはりダメでした。やはり安い値段のインクはそれなりの物ということがわかりました。

下の写真はプリントから2週間あまりたった時のものですが全体的に赤っぽくなってしまいました。2週間余りでこんなに変わるとは驚きましたが、早く結果が出てよかったと思うことにしましょう。
左は西向きの明るい室内に放置しておいたもの。直射日光は当たっていない。
  右はプリント直後に3時間近く直射日光に当てたもの。直射日光に当てた方がいっそう赤っぽく変色しています。
2018-08-27migi3h

私の結論;安いインクは写真のプリントには使ってはいけない。紫外線に当てると変色が激しいが、そうでなくても数週間で変色する場合がある。

下の写真は2週間前の、プリント直後のものです。これだと純正とそれほど違わないと思っていました。ところがやはりダメだったわけです。
左はプリントした直後のもの。
  右はプリント直後に3時間近く直射日光に当てたものです。この時点ではまだ傷みはほとんど出ていなかったようです。
2018-08-10migi3h

2週間余りたった同じ写真の別の部分です。
左はプリントした直後のもの。
  右はプリント直後に3時間近く直射日光に当てたものです。
2018-08-27-3migi3h

同上です。
2018-08-27-2migi3h

なお、文字用の顔料の黒インクは今のところ問題なく使えている、と思っています。

イチジクの成長

2018.8/24(金)、晴  果樹はそれぞれ大きく伸びましたが、中でもこのイチジクは立派に育ち、早くも実を付けています。枝を横に伸ばす方針なので、今日芯を止めました。
これは昨年5月に挿し木したばかりのものです。
2018-08-24 11.05.10

2017年5月末に数本の小枝を切り取って挿し木し、1本だけ生き延び、夏は葉が伸びていました。12月15日に定植したころは葉は全て落ちてどうなるものか心配でした。下の写真は17日に撮ったもの。

5月9日になると若葉を伸ばしていました。
2018-05-09 11.21.02