苗が育ってきた

2018.11/9(金)、曇  アスパラ菜という名で売られており、ステック菜の花とでもいうのがたくさん目立ってきたので数日前から少しずつ定植しています。これは移植しても根付きが良いので安心です。
2018-11-09 13.46.52

つる有スナップエンドウと、間違って買った絹さやエンドウ、それにわずか4粒のソラマメも芽が出てきました。今年はナメクジ退治の薬をポットの下に撒いたり、防鳥ネットを被せたので全ったくいたずらされずうまく芽だっています。絹さやは自分で育てるか、里子に出すか思案中。
2018-11-09 13.46.52-2

近くのOさんから種が残ったというのでもらった菜花の芽が出てきました。密に播き過ぎて大変なことになってしまいました。
2018-11-09 13.46.58

桜の周りに枯葉を集めた

2018.11/5(月)、晴  昨日は公園の清掃日で桜の枯葉を5,6個の袋に入れてあったので、それをもらって桜の根元に置きました。これで根の周辺がふかふかに保てて水や空気が根元に届く状態が保てるはずです。なお、木のすぐ周りには葉は少なくして、発酵熱で木がやられたり、変なバクテリアや虫が木に悪さしないようにしてみました。
葉をゴミに出せば(水分が多いので)石油掛けて燃やすわけですのでエコ対策でもあります。
2018-11-05 12.08.22

葉を置いた上に農業用のネットを切って上にかぶせています。今年5月の手入れの時には木の周りを丸く掘ってあったのですが、被せるネットが四角なのでそれに合わせて四角になってしまいました。

桜の周辺を耕しているのは2本ありますので、もう一方の周辺にも枯葉や抜いた雑草を置きました。
2018-11-05 12.08.49

被せたネットの周辺は針金を曲げて作ったペグで固定しました。
2018-11-05 11.13.45

ペグの上を伸ばしているのは、差し替えがし易いこと、目に付いた方が木の近くを踏まないで、という目印にもなり、踏まれたら針金ですから曲がってネットを押しつけるので特に問題なし、と思っています。
2018-11-05 12.09.40

できすぎた食用菊

2018.11/3(土)  食用菊がたくさんできています。摘み取るのが大変です。袋に入れてあるのはゴミじゃなくて食用菊です。出荷できるくらいあります。たぶん大蔵委大臣の知り合いにでも届くのでしょう。
2018-11-03 12.30.39

さっとゆでて、酢に浸けると鮮やかなピンク色になります。甘酢やポン酢で食べています。
2018-11-03 12.31.17

咲いているのも綺麗ですが、食べるとまた格別。
2018-10-27 12.13.35

シイタケか?

2018.10/28(日)、曇りときどき晴  数日前シイタケ菌を打ち込んだブナの木に、待望のキノコができていました。しかし、私が知っているシイタケではありません。シイタケはこんなふうに群生せず1本ずつ離れていますし、色もシイタケは焦げ茶色なのに白っぽい色です。
2018-10-25 11.38.16

調べてみるとヒラタケのようです。下の写真はインターネットで数多く出ているヒラタケの典型的なものです。
関連画像

Wikipediaによると次のように書かれています。「傘は、径5 – 15cmの半円形。中央が窪んでじょうご型になるものもある。色は黒色→灰色→褐色→白色と変化。表面は平滑でぬめりはない。は白色で柄に垂生する。は側生、偏心生、中心生。短く、無柄の場合もある。基部には白毛が密生する。」
うちのは大きさは5cmくらいで最低の大きさですが、他のことはだいたい一致します。

下の写真は、よく間違えると言われる毒キノコのツキヨタケ。雰囲気が違います。表面は老成するにつれ紫褐色・黄褐色になるそうですが、10/28(日)になっても灰色のままです。それにツキヨタケは暗闇で青白く光るそうですが、うちにできたのは光りません。
関連画像

ツキヨタケの毒は、摂食後30分から3時間で発症し、下痢と嘔吐、腹痛を併発するそうです。

10/28(日)に収穫し、すき焼きふう煮物の汁で別途煮て、2切ればかり食べました。どうもなければ明日残りを食べます。味は、まあどうでも良い程度のものです。無理して食べるほどのものではないと思います。シイタケほどの独特の風味はありませんでした。