カボチャにキュウリを接ぎ木

2022.6/2(木) カボチャを台木にして、キュウリを接ぎ木することを昨年夏から練習してきましたが、ようやくコツがわかってきました。3月、4月まではほとんど失敗でしたが、5月頃から上手くなりました。苗としては少し時期が遅いので、来年は春先から成功させたいものです。

下2枚の葉はカボチャです。これから植え付けです。

 上手くいったものは、カボチャの茎にキュウリがしっかりと食い込んでいます。

 カボチャはキュウリより2週間くらい早く播き、双葉を大きく伸ばし、本葉が少し出てきたら接ぎ木可能です。茎がある程度大きくなっている必要があります。

キュウリの根を切ってつなぐ断根接ぎ木です。
台木にするカボチャの本葉を切り捨て、細く削った割りばしで幹に上から穴を開けます。カボチャの樹液が出てきます。 

双葉に育っているキュウリの茎を切り取ります。断根です。
双葉の付いた根の方の先端をカミソリで長めの三角形に削ります。キュウリの幹の形成層がカボチャの幹につながることになります。キュウリが穂木です。

キュウリは細いです。

細い尖ったキュウリをカボチャの茎の穴に差し込みます。

数日でカボチャとキュウリの樹液が固まって(カルスができ)接合部が塞がれます。
水やりの時、1週間くらいは接合部に水が当たらぬように注意します。またビニール袋を全体に軽く被せて水分の蒸発を防ぎます。

上手くできました。

私が気を付けたことを再度書きます。(図は断面図であり、このように切ったのではありません)
接ぎ木するには、まずカボチャの本葉をカミソリで切り取るのは難しくない。

カボチャの茎の上から割りばしを細く削ったヘラを差し込む。このとき、茎の中央には空間があるのでヘラをちょっと傾けて脇の側肉部に食い込ませます。
ここが微妙な作業です。ヘラは横幅1.5mm程度で厚さ0.3mmくらいにしました。最初はヘラの幅が大き過ぎてカボチャの茎が割れてしまって失敗しました。
このヘラを側肉部の上から差し込むと、カボチャの茎はそんなに大きくないので割れてしまいます。そのため、やや横に寄ったほぼ中央から少し斜めに差し込んで、側肉部に切れ込みを作るのが良かったようです。ここがじつに微妙、一種のコツです。

なお、多くのインターネット記事にはここまで詳しく書いてありません。これは私流であり、一般的ではないかもしれません。

キュウリの先端を鋭敏なカミソリで長い三角に削ります。これで、表皮の下の薄い形成層が少し長くむき出しになります。キュウリの茎も中央部分に空白があるようですが、小さいうちは良く分かりません。削ると樹液が出てきます。

このキュウリをカボチャに差し込み、削った部分がカボチャの側肉の切れ込みに食い込むようにします。これでカボチャとキュウリの形成層がつながって接ぎ木がうまくいくようです。

私の失敗;ヘラを茎の中央に垂直に入れると茎の中央部に穴が開くことになりす。ここにキュウリを差し込むとキュウリを削った部分とカボチャの切り口との接触部が短く、失敗が多かったように思います。

堂平健康ラジオ体操

2022.3/27(日) 昨夜、雨が降っていましたが、今朝はラジオ体操ができました。4月1日(金)から、6時半スタートに戻ります。堂平健康ラジオ体操は、盆も正月も、365日やっています。雨の日だけ休みです。

参加するには・・・やりたい日に来るだけ。毎日来る必要はありません。申し込みなど不要です。(健康と安全は自分の責任でお願いします)

堂平健康ラジオ体操は毎日やっています。参加したい日だけご参加ください。

今年もジャガイモを植えた

2022.3/26(土) 今年の春ジャガ(ジャガイモ)の植え付けです。昨年秋、初めて秋にもジャガイモを育てたので、今後は春ジャガ、秋ジャガということにしました。
 知人に聞くと、ほとんどの人は秋ジャガは初耳と言うことでしたが、ホームセンターでは種芋を売っていたので、作る人はいるようです。

3/1(火)にジャガイモを半分に切りました。11個あったので、22個できました。これで3,4日放置すると切り口に膜ができます。

3/5(土)、切り口を上にして、整地しておいた畑に埋め込みました。上面に2,3cmくらいの土を掛けて終わりです。灰はまったく使いません。

ビニールシートを掛け、石を周囲にあちこち置いて飛ばないようにしました。

3/23(水)、昨日、一日中雪が降ったので、見事に雪が積もっています。今日は暖かいので急速に溶ける見通し

3/26(土)、暖かくなり、今夜は雨が降るそうなのでビニールを撤去。ビニールの上からは芽が出ているとは見えなかったのが、見事に出ていました。

芽が成長、春は楽しい!

2022.3/9(水)、晴 キューリの芽が成長しています。これは結構茎が太くて安心です。
トマトも伸びていますが、細くて大丈夫かなと心配になるくらいです。
人間も植物も、最初は芥子粒くらいのものですが、環境に助けられるとどんどん大きくなります。人間の種は顕微鏡でないと見えないくらい小さい。(^_^;

トマトも、ひょろっとしたのが伸びています。
カバーを掛けて、保温。
2/27(日)に播きました。

百日紅の枝切り

2022.3/5(土)、晴  百日紅の枝が伸び放題です。例年通り、3月初めに百日紅の枝を切ることにしました。

小さい枝は剪定ハサミで、ちょっと大きいのはノコギリで。1,2年前大きな枝を切ったので今年はそんなに大きな枝は有りません。

みごとに丸坊主です。

切った枝が足の踏み場もないくらいに散らかっています。短く切って、ゴミ捨て場に持っていきます。

直線部分の長い枝は切りそろえて取り出すと、資源になります。短いものの支柱になります。例えば、スナップエンドウ・トマト・スイカ・カボチャ・キューリなどの小さい苗の支柱。枝豆や食用菊は大ききなっても支柱になります。先を斜めに切って、土に刺しやすくしておきます。我が家のSGD’sです。