鏡はなぜ左右逆に映るのか?

2020.1/6(月)、晴れ 昨年末、テレビで鏡にはなぜ逆に映るかという問題をやっていました。
何十年か昔のことですが知人が、「鏡になぜ逆に映るか、しかも垂直はそのままなのに、水平には逆に映るのはなぜか、これを明らかにしたらノーベル賞がもらえるそうだ」などと言っていました。
私も、どう説明したらいいものかずっと考えてきました。

最近これはごく簡単なことだと気づきました。ネットで調べると同じ事が書いてありました。ただし、その説明は一部に難し言い方があり何か煙にまかれるような点がありました。私はそのうまい説明を見つけました。

自分が書いた「2」は下図のように正しい向きに見えます。
2019-12-25 10.41.49

これを鏡に映すと左右が逆に見えます。上下には逆になりません。
2019-12-25 10.42.20

不思議なようですが、これは不思議なことではありません。鏡は逆に映しているのではなく、正しく映しているのです。映すものを「逆に向けているので逆に映している」だけのことです。

その証拠・・・下図は紙を手に持っています。
このとき鏡にはこの紙の裏が白く映っているだけです。
2019-12-25 10.45.12

そこで書いた文字を鏡に映すために手を「水平に回して」います。
2019-12-25 10.45.24

ずっと回すと、紙の文字は見えなくなり、鏡に文字が写るようになります。
2019-12-25 10.45.29

完全に回し終わると、紙の裏からは文字が見えなくなり、鏡に映った左右逆の文字が見えます。つまり紙を水平に180度回しているので、それを鏡は映しているのです。

2019-12-25 10.45.34

その証拠は下の写真です。これは文字を書いた紙の裏が透けるように濃く書いています。そうして紙の裏から見える文字を鏡に映しています。これで、奥に映っている「鏡に映った文字も逆ではなく」正しく見えます。
紙を回転させていないので文字も逆転せず正しく見えるわけです。これが私のたどり着いた簡単で分かり易い説明です。
2019-12-25 10.46.01

つまり鏡はそのまま映しているのであり、紙を水平に回しているので水平が逆に見えるのです。

じゃ、紙を垂直に回すと鏡に映ったものは上下が逆になるのか?
そのとおりです。

その証拠・・・鏡に正しく映っている状態で、手前の紙を垂直に回してみます。
2019-12-25 10.46.22

紙の先を下げて、垂直に回しています。
2019-12-25 10.46.50

上下に回転し終えると紙も鏡の像も垂直が逆に映っています。つまり、紙の上下を逆にしたので鏡にも上下逆に映っているのです。左右に回転していないので鏡の像は左右が逆にはなっていません。
2019-12-25 10.46.56

私の結論・・・映すものを回転するから回転したように映り、回転したように見える、わけです。回転しなければそのまま正しく鏡に映って見えます。

ところが、ネットの記事を見ると次のように書いてあるものがあります。
-----
大事なことは「実は鏡は左右を逆に映していない。」という点だ。そして「上下も逆に映していない。」のだ。鏡がしていることは「鏡を正面から見たときに手前と奥を逆転させている。」だけなのだ。
-----

この説明文の中で「手前と奥を逆転させている」という部分が難しいです。厳密に言うと正しいのかもしれませんが、何かはぐらかされた感じがして、いまひとつ理解できた感じがしません。
それに比べて、私の説明は分かり易いのではないでしょうか?

エクセルの日付の表示

2020.1/6(月)、晴れ 特許の話です。久しぶりにエクセルで特許リストを整理しています。以前から気になっていたのですが、公開日とか出願日などが横幅をとりすぎて困っていました。それがうまくいきました。正月から縁起がいいです。(^_^)

下図のように日付が長い横幅をとってじゃまです。日付の幅は狭くし、内容を理解するために大事な要約とか請求範囲を広くして見易い画面配置にしたいわけです。
20200106(1)
※特許番号と内容はでたらめであり意味はありません。

セル幅を狭くすると下図のように###などとなってしまい見えません。20200106(2)

セル内折り返しと設定しても折り返してくれません。
設定で「日付」じゃなくて「文字」とすると「36567」などの(ある時点からの)日数のような数字になってしまい役に立ちません。
Q&Aサービスで探してみても、横のセルと結合せよとか、文字フォントを小さくせよ、などで役に立ちません。
日付は参考程度のものですから、文字フォントを小さくしても良いのですがそれでも横幅が長いです。

正月休みですっきりしたのか、いいアイデアが浮かびました!
日付を縦にするのです。これらの日付は参考程度に見られれば良いものですから、大変役立ちます。

やり方・・・まずエクセルの日付の列全体を選択し、右クリックして「セルの書式設定」をクリックします。次に「配置」タブを開き、右にある「方向」の中の「文字列」を縦にするのです。

20200106(4)

操作としては、「文字列」の右にある赤いにマウスを合わせ左を押して下図のように真下まで持ってきます。あとは[OK]を押すだけ。
20200106(5)

これで日付が一列になりました。コロンブスの卵です。
20200106(6)

なお、見出しのセル(発行日など)も横になって見づらくなりますので、同じやり方でこの2つのセルを選択しておいて文字列の方向を水平に戻します。(見出しセルを除いてセルを選択しておいた方が簡単かもしれません)

スマホ講座

2019.11/30(土)、晴れ 9月からやってきた青葉台サロンでのスマホ講座が2巡目になって、今週からは初級講座を始めました。
内容は、1巡目に10回やった内容を修正し、また一部は追加しています。
(クリックすれば画像は拡大されます)
2019-11-29(1)

この中の受講生の一人が、(火)は都合悪いとのことで、(木)(金)などに個別に協力することにしました。上のパンフレットにも書いてある「有償ボランティア」の2つめの仕事になります。
実は1つ目は、一昨日おこなったワードの指導でした。Excelは十分できる方で、ワードの初歩だけで、後はご自分でやれそうでした。

有償ボランティアは、数年来やりたいものと思っていたものでした。詰まり誰かに何かをお願いしたいのだが、お礼が大変だと思っている人がいます。そもそもお礼の物を買いに行くのが大変だ、という人がだんだん増えてきています。そこで、お礼なしで、できる人が協力しようというものです。しかし、お礼なし、と言われると迷惑をかけるだけでは大変だと思って支援を申し出られないことも想像つきます。
そこで、何かをやってもらうときに、ワンコイン(500円)を支払うことでお礼なしで気軽に頼めるようにしようというものです。何とかしてこのワンコイン・ボランティア活動を定着させたいと思っています。私が依頼する側になる前に。

ワンコイン・ボランティアを言い出すのが難しいのは、
・ボランティアでやるというのにお金を請求するのか、
・お金儲けの手段か、
・この歳になってまだお金が欲しいのか、
・お礼無しでやってる活動があるじゃないか、
などと考える人がいそうなことです。これを乗り越えるには、小規模の実績を作り、それを見せて広げていくのが簡単だろうと思っています。

ある会合で2時間かけてスマホ講座をやることになりました。2時間は長いようでもありますが、スマホを持っていない人から、スマホをかなり使いこなしている人まで役立つような話にする必要があるので苦労しています。下記のような内容にするつもりです。消化不良になるのは仕方がない、それでもやった方が良いと考えてやる予定です。
2019-11-29(2)

畑の奇妙な氷

2019.11/29(金)、久しぶりに晴れたものの、寒かった。裏の畑では厚い氷が張っていました。
2019-11-29 09.17.09

金属ボールの中の雨水が凍ったものですが、何だか変なものが突き刺さったように見えます。
2019-11-29 09.16.54

水の中に突き刺さっているように見えます。不思議なものです。この形の氷が落ちてきて薄く張った氷に刺さったように見えます。
水が落ちてきて凍ったのならこんなに立つはずがありません。気泡がいっぱい詰まっているのも不思議です。
2019-11-29(5)

まるで人の姿にも見えます。頭の上の尖ったものは、この氷が何かにくっ付いていたことの証拠かもしれません。
上から落ちてくると考えると飛行機からでも落ちたのでしょうか?
そういえばこの付近は、成田空港へ降りる飛行機が頻繁に上空を飛んでいます。その飛行機の翼か胴体のどこかで成長した氷が落ちたのでしょうか?
こんなのが頭に刺さったら死にますね。凶器の氷は解けて、犯人不明の大事件になりそうです。

スナップエンドウを定植

2019.11/27(水)、今年は夏からずっと忙しく、畑は最小限の事しかやっていませんでした。6月半ばから「日立市民カレッジ」に毎週一回通い、7月初めからはその記録係として記念誌の編集を開始し、8月にはパソコンが壊れ、睡眠時間を減らして奮闘の末、10日くらいで再スタート、その後手入れを続けて何とか元に戻りました。一時は、市民カレッジの記念誌データを再現できなかったらどうしようかと心配しました。
 さてその一方で、7月末から「青葉台サロン」という地域住民の集まる場所で「スマホ講座」を9月から毎週やることになり、その構想まとめ、テキスト作成などをやっていました。市民カレッジは10月末で終わったのですが、記念誌を11月9日に印刷発注するまで連日かかりっきり、その後も修正をしたり、今度は12月4日にその記念誌を配布するためにスマホ講座を2時間だけやることになり、その資料まとめなどなど、まあ~自分でもあきれるほどやってきました。ようやく山が見えたと思った先週末このと、風邪気味になってしまいました。睡眠不足で頑張ってきて油断が出た感じでした。大したことはありませんでしたが、久しぶりに疲れを感じました。

そんなことがあって、ようやく本日スナップエンドウを29本、定植しました。最初は28本かと思っていたのですが、もう一つ発芽していたので追加で29本でした。10月末に多忙な中で種を播いていたものでした。
2019-11-27 09.38.45

化成肥料とリン酸肥料を根元に埋め込んで丁寧に仕上げです。早めに根元に草を置くとか、北側に風除けを立てるなどをしないといけません。今年は夏からずっと忙しく、最低限の事しかやってこなかったので今から少し時間取ってまめに手入れします。【訂正】豆の手入れします。
2019-11-27 10.32.59

ソラマメは10本発芽したので、白菜の両脇に植えました。白菜は1月で終わりになり、ソラマメはその後、2月末ころから徐々に大きくなりますので、このような植え方をしても大丈夫と思っています。
2019-11-27 10.33.13

ここが一枚残っています。今年の秋は忙しく、ほったらかしだったので夏野菜の撤去が遅くなって、種まき時期を失ってしまいました。しかし今年も暖冬のようなので今から菜花のようなものを移植してみますかね。
2019-11-27 10.33.16

長ネギは何とか順調です。5月に種まいて、いまこの大きさです。
2019-11-27 10.33.23

大根は収穫できる大きさになっています。
2019-11-27 10.33.32

20日あまり遅れて播いた次の大根もそろそろ大きくなってきています。
2019-11-27 10.34.06

大根を播いたころは夏野菜のために場所がなく、ちょっと遅かったのですが半分の場所にニンジンを播いていますが、これは成長が遅いです。種まく時期は大切です。
2019-11-27 10.33.40

白菜はもう少し間引きして、縛ってやらないと巻きません。
2019-11-27 10.33.45

これはチンゲン菜です。種まいたころは夏野菜が残っていて播く場所がなく、ほんの少しになりました。
2019-11-27 10.33.51

白菜を移植したのが手前で、後ろで元気の良いのが菜花を移植したものです。やたらと成長が良いので間引きが必要なようです。葉を食べても美味いのかどうか、まだ分かりません。
2019-11-27 10.34.16

9月末に種まきした玉ねぎの苗はまだまだ小さいのでマルチをしています。マルチは、もともとは敷き藁などだったのですが、最近はもっぱらビニールシートです。
2019-11-27 10.34.26

菜花を持ち帰ったら、落ちていたのを犬が拾って食べようとしています。手前のは大根の間引き。
2019-11-27 10.57.30