柿が稔った

2021.10/14(木)、晴  野菜畑の南側にある果樹園に、今年初めて柿が実りました。2017年12月に植えたので4年目に実ったことになります。

先の尖った形の渋柿と、尖ってない甘柿と一本ずつあります。上のは甘がき、下のは渋柿。まだ木が小さいので数は多くありません。

特に、渋柿は今年初夏の頃だったか、大きな枝を横に広げようと曲げていたら折れてしまって樹形が小さくなっています。例年100個くらい作っている干し柿用の渋柿は今年も福島産を買うことになるでしょう。

下は甘柿です。赤い防鳥ネットをちょっとかけていますが、カラスが来なくて助かっています。

4年前の2017年12月は、何もない空き地でした。5月に思いがけず安く手に入ったのですが、どうしようか迷って果樹を植え始めたものでした。

あの頃は1年前にトラブルに見舞われ、心中に似た荒涼とした空き地でした。手入れのかいあって、現在は緑に覆われた果樹園になっています。コツコツ頑張って砂漠を緑地に変えたような気分です。

4年前のブログ⇒ http://www.patentcity.jp/bloghatake/2017/12/15/11551/

柿以外は実がなっていないので、10数本の根元に、2~4箇所ずつ深く掘って肥料を埋め込んでいます。下の写真は、手前がイチジク、先が梅2本(2種類)。

これは、道路側にあるプルーン。

新型コロナで思うこと

2021.10/3(日)、晴れ  コロナ感染者の急減、激減に驚いています。日本ではワクチン接種はもっと進むでしょうし、飲み薬までできるとなると、やがて普通の風邪なみになりそうです。

ところで、日本でワクチン接種の気運が盛り上がらなかった今年1月末までのことで記憶に残っている2つのことがあります。

1つは、昨年5月に山中伸弥教授が「新型コロナワクチンは、奇跡が起きても1年ではできない」とテレビで発言していたことでした。私はこれを聞いて、そんなものか、と思ったことを覚えています。まじめな日本人の多くは、このような気分でいたのでワクチン接種の立ち上がりは遅くなったものと思います。

ところが、それから半年もしないうちにmRNAワクチンが出来上がりました。ノーベル賞受賞者と言えども専門外のことは間違いますね、当然のことですが。

なお、山中教授は今年の初夏のころ、mRNAワクチンの解説記事を新聞に書いていました、罪滅ぼしの気持ちがあったのかもしれないな、と思って読みました。

なお私は、iPS細胞の発見やマラソンやって研究費を確保する山中教授は大いに応援しています。

2つ目は、今年2月初め、まだワクチン接種に多くの人が懐疑的だった頃、テレビで「ワクチン接種を外国ではやっているが大丈夫なんですかね、日本では進むのでしょうか?」とのコメンテータの質問に対して、テレビによく出ている北村教授が「良いものができています。日本でも3月に始まり、4月頃になると、多くの皆さんが雪崩をうって我も我もとワクチン接種を始めますよ。接種はそんな動きになるものです」という意味のことを言っていました。

私も12月半ばまでは懐疑的でしたが、1月半ばころからはやった方がいいとフィットネスクラブで知人と話していたのでよく覚えています。

結果は知っての通りです。4月頃になると民放コメンテータは「政府のワクチン確保は遅いじゃないか」と責め立てていました。

ごてごてだと批判するのは簡単で留飲はさがるかもしれないが何の役にも立たない、民放コメンテータの意見は面白いが鵜呑みにすると誤る、批判的に聞かないと役に立たない、というのが、最近数年の私の見方です。

ラジオ体操が3万人を超えた

2021.9/29(水)、晴れ   私の住む日立市の堂平団地で2015年7月20日からやっているラジオ体操の合計の出席者が3万人を超えました。今年の7月11日のことです。

この人数は、私が世話人として毎日数え、2,3週間分ずつまとめてホームページ http://www.patentcity.jp/radiotaiso/index.htm に掲載しています。

参加したい人は、誰でもいつでも気が向いたときにご参加いただけます。挨拶や参加料は一切不要です。何の強制もありません。暴風雨以外、土日も、お盆や正月も毎日やっています。

ときどき、自分の家で作っている野菜や果物、その苗などの配布があります。下は5月にFさん提供の苗。

下は、私が9月に提供したイチジクです。

下は私の育てた白菜とアスパラ菜という菜花の一種の苗です。私は4割くらい使いましたが、後のものはラジオ体操で配りました。

世話人やってて思うこと・・・ラジオ体操は自分の家でやれば良いと思っても長続きしないことが多いですが、大勢が集まると長続きします。だから参加することは、自分のためだけじゃなく「参加することは皆に役立っている」のですね。ラグビーでは「One for all, All for one」と言うそうですが、皆でやってるラジオ体操もそうだと思います。
腰の手術をしたとか、腰が曲げられない、膝が痛くて飛べないという人が何人もいます。ここに来るのが楽しみだ、来るだけで気持ちが良くなる、と言う人が何人もいます。夏には、今年90歳になる人が、(土)(日)だけ隣の団地から来ていました。できる限り今後もやっていきたいと思っています。

スマホ教室のLINE公式アカウントを開始

2021.9/21(火) スマホの使いこなし情報を無料配信するサービスを4月末から始めました。

スマホ教室は人数が多いと徹底できないので、1~3名でやっています。また、私のやる気の維持のために2時間で800円を頂いています(場所の利用代を含めると1000円)。そのため、多くの人に伝えることができないので、この情報提供を始めたものです。

LINEで提供しているので、まずLINEを使っていることが必要です。

申込みはどなたでも可能です。⇒申し込みはここから

これまでの配信は月ごとにまとめてあります。⇒参照

秋キュウリを植える

2021.9/9(木)、小雨 雨模様が10日も続いています。野菜の植え付けには良いですが、成長期になると少々気になります。

 「霜しらず」という秋のキュウリは順調に成長しています。接ぎ木は全部失敗したので接ぎ木無しです。行燈(あんどん)を数日前から外していましたらウリハムシが来てだいぶ食っていますが、まあ大丈夫でしょう。11月中頃まで採れるはずです。