今年夏のラジオ体操

2020.6/22(月)、   日立市ではラジオ体操をすると20日ごとにペットボトル3本などの景品をくれる活動を始めました。
期間;2020年6/20~8/31までの73日。
不明点を主催元の生涯学習課に聞いたら以下の事が分かりました。
1.20日間というのは、自宅でやったものでもよい。
2.(73日間なので)1人で3回のカード提出をしてよい。
3.「ラジオ体操カード」は市報のカードをコピーして使ってよい。
4.景品受取りは(本人・家族だけでなく)代理人でも可能。委任状や事前連絡などは不要。
5.景品は、「ひたちの水」の場合1枚のカードごとに3本もらえる。
6.上記は、知人友人などに広く伝えて問題ない。

ご参考;堂平団地では第2公園で年中毎日やっています。(雨天は休み)  
どなたでも、やりたいときに参加できます。何の制約もありません。  
ホームページ⇒ http://www.patentcity.jp/radiotaiso/





ラジオ体操が市報に載った

2020.6/20(土)、曇り 堂平健康ラジオ体操が日立市の市報に大きく載りました。
私は2015年7月のスタート以来世話人をやっており、参加者の人数を毎回数えています。これまでの合計人数は23,300人余りです。
2020-06-20shiho
(クリックすると大きく表示されます)

堂平健康ラジオ体操のホームページ⇒ http://www.patentcity.jp/radiotaiso/index.htm

参加人数⇒ http://www.patentcity.jp/radiotaiso/ninzu202005.htm

新型コロナ抗体、わずか0.1%

2020.6/17(水)、晴れ 先週、ソフトバンクの従業員を対象にした抗体検査で陽性がわずか0.23%だったとの事で驚いていたら、なんと厚労省の無作為による検査では下記の通りでさらに少ない。
東京 0.10%
大阪 0.17%
宮城 0.03%

ただしこの調査は合計で7950人だそうですから、ソフトバンクの4万人程度の調査より少ないのでバラつきが大きく信頼性は劣るように思います。例えば東京は1971人調べて2人のみ陽性者だったそうなので、もし1980人調べて3人だったら陽性率は0.15%になってしまいます。

いずれにしろ、欧米では10%程度の陽性率が2桁も少ないという結果です。

日本ではPCR検査数は圧倒的に少なかったので、PCR検査を多くしたから感染者が抑えられたとは言えません。
外出自粛や生活風習の違いにより3密防止を徹底したからこうなったのか、あるいは新型コロナに罹(かか)りにくい何かの因子をもっていたのか、なのでしょう。

「何かの因子をもっていた」ので罹らなかったのなら今後もあまり罹らない可能性が大きいと思われます。しかし3蜜防止を徹底したから罹らなかったのであれば今後も油断はできないということになります。

ニューヨークは陽性率が17%くらいだというので、このままいくと近いうちに集団免疫を持つ可能性が出てきます。集団免疫は30~60%くらいの人が免疫を持った状態だそうです。(ただし新型コロナでは、抗体持ったから免疫があると言えるのかどうか、まだよく分からないそうですが)
そうなると、ニューヨークでは「新型コロナは収束した」と言えることになります。日本はまだまだずーっと先の事になります。それも困ったものです。

新型コロナ抗体、わずか0.23%

2020.6/11(木)  ソフトバンクの従業員を対象に約38,000人に新型コロナ抗体検査やって、抗体を持っていたのはわずか0.23%だったとのこと。もう少し多いと思っていたので驚きました。別に根拠はありませんが、数%くらいかと思っていました。
医療従事者は約6000人やって1.79 %。これはまあそんなところか、いやこれも少ないかな。
2020-06-10 07.48.54
※抗体・・・感染することで(発症しなくても)免疫の働きでウイルスに対抗する「抗体」が体にできる。多くの人はすでに回復している状態。

多分これらは東京中心のデータだろうから、地方ではもっと少ないのでしょう。このような1次情報は大切です。専門家の解説が待たれます。

私の感想ですが、「個人的には」抗体検査をやっても(現在のところ)何の役にもたたないので、全員やるべきだ~と騒がない方が良いと思います。過去にかかったことがあると分かっても、抗体持っていても新型コロナに感染しないとは(まだ)分かっていませんので、今の自分には何の役にも立ちません。ただし、感染の全貌を考察するためには極めて重要な調査であると思います。
なお私は、1、2年後にはやってみたいと思っています。理由は単なる好奇心です。


犬の毛がハクビシン対策に有効!

2020.6/10(水)、晴れ ハクビシン対策として犬の毛をネット袋に入れてぶら下げることで効果があるらしいです。
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構が研究成果として公表しています。
機構トップページ http://www.naro.affrc.go.jp/index.html
「イヌの被毛を10gずつネットに包み、平棚の柱および主幹に約1mの高さで設置すると、ハクビシンへの忌避効果によりブドウ果房に対する食害を防ぐことができる。」と書いてあります。
http://www.naro.affrc.go.jp/org/narc/seika/kanto22/04/22_04_02.html
image

設置日以降はほぼ全く被害が無くなったとグラフで示してあります。
image

別の所の記事には、オオカミによって襲われる記憶がハクビシンに遺伝として残っており、犬はそのオオカミの臭いがするから、と説明している。ハクビシンに聞くことはできないがそういうこともありそうだ。

これまで袋を何重にもかけてきたが、今年はこれでうまくいくかも。
2020-06-06 14.04.37

うちにはミニチュアダックスがいます。毎年数回カットしてやりますが、これまでカットした毛は捨てていました。貴重な資源だったわけです。
image

5月初めに切ったのであまり伸びていませんが、少し切らせてもらうことにしました。
2020-06-11 14.37.22

2020-06-11 14.37.45

夏ですからもっとちゃんと切っても良いのですが、昨日もこれくらい切ったのでまあ良いでしょう。
2020-06-11 14.46.04

不織布で軽く包んでネットに入れ、イチジクの木の2カ所に括りつけました。
2020-06-11 15.00.372020-06-11 15.01.36