トマト全滅

2020.7/26 (日)、小雨  トマトは長雨で腐れています。葉が黒くなって枯れ腐れ、実が腐れ、新たに実るものなし。裏の畑はほぼ全滅。もう全部引っこ抜きます。

家の菜園のトマトは、腐れが下から上がって来てるので熟す前に取っています。

最近のトマトは屋根を付けて雨があたらないようにしないとダメなようです。昔のトマトは少しくらいの雨は問題なかったですが。

昔とは・・・60年前のことです。最近のトマトはトマトらしい匂いしません。あの匂いは防菌、防ウイルス効果があったのかもしれません。あのトマトの匂いが懐かしい!

枝豆は実が入り大成功。雨の前に花が咲いたのでしょう。リン酸肥料が効いて、カメムシを掃除機で頻繁に取ったのが良かったようです。

イチジクのハクビシン対策成功

2020.7/26(日) 曇り イチジクのハクビシン対策は成功しました。 

10日近く前のことですが、とれました!
夏果が4つ残っていたのですが、まず2つを無事収穫。23日後にまた3つ。完璧でした。

世界最大級のバナーネという品種
この後にまた1つ収穫!

7、8年前はよく食べたのですがその後はハクビシンとの戦い、化かし合い、餌作りの感じでした。
グルッとネットで全体を取り巻くオーソドックスなやり方が大成功でした。数年にわたる失敗の積み重ねでこのオーソドックスなやり方の良い点、注意点がよく分かります。
自立するような塑性加工のネットではなく細いテグスのネットを使い、
パリッと張るのじゃなくて、ダブつかせて設置し、
下は特にダブつかせ上は腰高以上まで持ち上げる、など。


「何かを学ぶのに、自分で経験する以上に良い方法はない」とアインシュタインが言ったそうです。私はさらに少し変えて。
「何かを学ぶのに、自分でやって失敗してみる以上に良い方法はない」

新規投稿出できない →解決

2020.7/26 (日)曇り 昨日も雨、今朝も雨でラジオ体操できませんでした。

気分が悪いのはパソコンの具合が悪いことも一因かもしれません。

数日前、使っているワードプレスのエディタで新規投稿しようとしたら、入力画面が真っ白になり何も入力できなくなりました。あれこれやった後、あるホームページで同様の問題を解決したと書かれていました。https://www.google.com/amp/s/fatherlog.com/blog/wordpress/14850/%3famp

「Adsense Manager」というプラグインが悪さしていたとのこと。

早速パソコンのこのプラグインのチェックを外したら4、5日ぶりに新規投稿画面が表示された。安心した~。

これまでの間、いくつかのプラグイン止めたり、パソコンの再起動やった。それでも治らないので、2週間くらい前のWindows更新が悪かったかもと思って「復元」を試みたが、24時間たっても「レジストリ書き換え中」と表示されたまま。おかしいと思って、運を天に任せる気で電源オフ、オンをやってみるも「レジストリ書き換え中」の表示は変わらず。心臓の動きを感じつつ3、4回もオフ、オンやった頃に、もとに戻った。やれやれ。復元できなかったとのこと。

新たな疑問・・・パソコンさん、あんたは「レジストリ書き換え中」と表示していたのにやってなかったのかね~、それとも中断されたので前のレジストリに瞬時に戻したのかね~?

ハクビシン対策成功の模様

2020. 7.14 (火)、小雨模様 ハクビシン対策として防鳥ネットで周囲を完全に覆ってしまうやり方は成功のようです。 (イチジクは2本あり、こちらは先日アップロードのものではありません)
使った防鳥ネットは幅1.8m、長さ18mで、ホームセンターで170円くらいで買えました。木の周囲は9mくらいのものですかネットの長さが18mもあると長すぎるくらいですが、横方向にたるませて重なるくらいにぶら下げるのがコツのように思います。ハクビシンが近づいて食い破ろうとすると細いテグスのネットが体に絡み付きそうになるはずです。ハクビシンは怖くて近寄らない、というわけです。


夏果の最後の1個がほぼ完全な姿で収穫できました。じつは、あと2日ばかりすればもっと熟しそうですが、万が一その間にハクビシンに食われると大変です、冒険は止めました。

イチジクのすぐ脇のキュウリには来て食べていました。皮だけ残して見事に食べています。キュウリはたくさん取れているので少々食われても構いません。
ハクビシンは甘いイチジクなどが好きなようで、キュウリはほとんどいたずらしません。なので、このようにきれいに食べてるのは珍しいです。

トウモロコシも防鳥ネットで覆っているのですが、1本食べられていました。ここだけちょっと手を抜いてネットが低くなっていた所です。背伸びして命がけで食べたようです。全く油断なりません。

無線マウスを安定させる

2020.7/11(土)、曇り  パソコンの無線マウスが反応悪くなっていませんか?、電池を新品にしてもダメ、とか。
私のもだいぶ前から調子が悪くてそろそろ買い変え時期かと思いながら、 最後の手段と思ってググって(Googleで検索して)みたら、なんと対策が出ていました。
パソコンのUSB口に取り付ける無線マウス用の小さな送受信器がありますよね、 これを取り外してUSB延長ケーブルを接続し、その先に小さな送受信器を付けて 机の上などに置くのです。


延長ケーブルを買うときは、USBケーブルの両端がオス、メスのものでないといけません。(両方がオスの物もありますので要注意です)上の写真のUSBケーブル端はメスです。

私の場合、やってみたらバッチし安定して動いています、驚くばかりです。家族が使っているもう1台のデスクトップも全く同じでした。USB延長ケーブルの先に送受信器を取り付けて机の上に置くことで、鈍かったマウスの動きが機敏に反応するようになりました。

無線マウスとパソコン側の送受信器が離れているとWiFiなどの電波 と干渉を起こして不安定になるらしいです。
考えてみると、WiFiによる検索結果の表示などは、まとめて大量に送ることで、2、3秒かかったとしても正常に動いていると感じることができます。一方、マウスは(使っているときは)0.1秒くらいの遅れもなく機敏に反応しないと「鈍い!」と気になりますので、このような問題が起きるのでしょう。

またやられたハクビシン

2020.7/11(土)、曇り  またハクビシンにイチジクをいたずらされましたので、長さ18mの防鳥ネットで周囲をすっぽりと覆いました。これほど大掛かりなことはやっていませんでしたが、やってみると意外に簡単にできました。
上には使い古しのネットをふわっと掛けました。これはカラス対策です。

これまで1個ずつに袋を掛けていました。数年前はこれでうまくいったのですが、慣れてきたののかこのネットの上からかぶりついています。しかも、未熟の場合は美味くないようで、途中で食べるのを止めています。

上の写真の右の袋は、熟れかかっていたもので、完全にしゃぶり尽くしています。結局、今の時期に取れる夏果はこれまでのところ一個も人は食べていません。犬の毛もほとんど役立っていません。まるでハクビシンの餌を準備しているようなものです。

結局、今の時期に取れる夏果はこれまでのところ一個も人は食べていません。犬の毛もほとんど役立っていません。まるでハクビシンの餌を準備しているようなものです。

未熟だったプラムもかじって放置のいたずらしていました。

防鳥ネットを敷いたり巻きつけるのではダメのようなので、木の周りに棒を立てて、ネットでグルリと取り巻いてみようと考えています。

プラムを食われ、スイカの弦を切り・・・

果樹園がカボチャに占領されています。

クリックで拡大

草取っていたらスイカの弦を踏んづけて弦を切ってしまいました。

ナスの支柱を縛ろうとしたら大きな枝がポキリ。😫


プラムは、木が1本のみのせいか数多く実りません。熟れてきたのでそろそろ収穫かと思っていると、ハクビシンらしいのに取られます。


 2つほどが、ハクビシらしいのに種までしゃぶられました。ここまできれいに食べるところをみるとよほど美味かったのでしょう。

ほんとにハクビシンか?・・・噛まれた歯の跡からみるとハクビシンかと思いますが、ハクビシンの嫌いな犬の毛を置いといたのに効果なし。それに、かなり細い枝なのでイタチのようなものかもしれません。ハッキリしません。

団地の集会所でスマホ講座

2020.7/8(水)、雨  昨日は、K団地の集会所で14,5名の方を対象にスマホ講座をやりました。2時間で来週と合わせて2回。 (私は参加者と離れているのでマスク無しでやりました。)
手間暇をかけない条件だったので、資料は2回用に作り直さず、ありあわせのものを使いました。資料は、画面の細かい所が分かり易くするためにはカラー印刷が良いのですが、残念ながら今回は先方にて白黒印刷。
もともと2時間ずつ10回分の資料を、6回用に絞った、入門、初級、中級を持っていたので、このうち、前の2つを使用。2回という短時間でどうやれば良いか、新たな挑戦・経験です。
市の百年塾という組織で4,5月に6回で募集したときは30名近い応募がありました。(コロナ騒ぎで中止になり、8,9月に再募集でやります)
ガラケーがサービス先細りの現状では、スマホ講習会のニーズは多いのですが要望にマッチした講座がないようです。例えば、ドコモに頼むと「らくらくホン」を勧める講座をやってくれるようですが、いろいろ問題ありそう。ここに書くと商売妨害と言われかねないので詳しくは書きませんが、私の方針は「高齢者にらくらくホンは勧めない」です。

イチジクの取り木

イチジクの取り木をしました。脇芽が地中から出てるのがあったので1月頃、付け根をまず1/3くらい鋸で切りこみを入れて土を寄せておきました。枯れないのを見て3月頃さらに少し切り、4月さらに切って2/3くらい切り、土を盛っておきました。本体からの栄養が減るので、枝から根が出て独立の準備をします。

右側が少し切っている枝です。すでに枝から根が出ています。
鋸で、残り1/3位を切って完全に切り取ります。
切り取り完了。独り立ちです。この根でこれから生きていかねばなりません。

イチジクは3本あるのですが、それぞれ1本ずつ取り木をしました。

これは根が少ない。今年の雨つゆが頼みです。
だいぶ根が付いています。
これから葉を半分に切ります
かぼちゃの間に準備しておいた穴に植え付けです

梅雨の間に根が伸びて取り木成功になるはずですが・・・。