スイカに雌花!

2019.6/28(金)、曇 スイカも花が咲いていますが、雄花ばかりが目立ちます。
2019-06-28 08.38.42

と思っていたら、これは雌花です。小さなスイカが付いています!
ただし、まだ花弁は開かず、明日あたり開くのでしょうか?
2019-06-28 11.22.55

探してみると、こちらも雌花ですでに開いています。
2019-06-28 11.24.52

さっそく敷物を敷いてやりました。これは安全の目印にもなります。プラスチックカバーはもう少し大きくなってからで良いでしょう。このプラスチックカバーは10枚で118円程度。
2019-06-28 11.43.49

プラスチックカバーは5枚で998円で売っていました。直系30cmだから入りきると思います。昨年まではカラス対策の決め手が見つからず、網をかけてみたりなど、カラスとの化かし合いが続いていました。今年はこのカバーを付けることでたぶん間違いなくカラスよけになるはずです。2,3年前から知ってはいたのですが少し高いので買わずに、他の物で工夫していたのですが失敗続きで舌。今年はこれで完璧のはず。10枚買ってきました。
上には穴が開いており強い太陽光による熱は逃がせるようになっています。
2019-06-24 17.44.44

ただしこれは「苗ドーム」と書いてあり、苗にかぶせるもの、と書いて売っています。なぜか、スイカのカバーにも使えるなどとは全く書いてありません。
店の人に「なぜスイカのカバーには使えないのだろうか?」と聞いてみたら、
「書いたら、もしカラスなどに食われた場合に責任を問われるから書かないのだろう」とのこと。
しかしそれは理解できないな~。何だって完璧なものはないのだから、もし自分が製造者ならば「スイカのカバーにも使えます」と書くだろうな、と思いました。逆に、スイカには使えない何かの理由があるのか、心配になりました。多分、大丈夫でしょう。

カボチャが伸びる延びる

2019.6/27(木)、晴 カボチャがどんどん伸びています。60cmくらい伸びた所で主蔓(つる)を切って止め、その子蔓がどんどん伸びています。
6/13(木)
2019-06-13 08.44.01

孫蔓は切った方が良いらしいので大方のものは切ります。
6/23(日)
2019-06-23 09.03.25

6/25(火) プラスチックの敷物を安く(10枚で115円)売っていたいので買って来て敷いています。30枚買ってきたのがもう14、5枚も使ってしまいました。
(あと20枚くらい買ってこないとスイカの分がなくなります)
2019-06-25 14.38.52

敷物は四方に出っ張りのある方を上にしています。
2019-06-25 14.43.15

カリ肥料の結果は大きい

2019.6/11(火)、晴  タマネギを全部収穫。カリ肥料を撒いたせいだと思うのですが、大きなものができました。カリ肥料は根を大きくするのに役立ちます。肥料の効果は偉大です。
2019-06-11 15.40.42

ジャガイモがそろそろ収穫時期に近づいてきました。これもカリ肥料をやってあるので楽しみです。
2019-06-11 17.03.54

水中歩行は退屈で・・・

2019.6/10(月)、雨  昨年夏ころから水中歩行をやっていますが、40~50分も何もせず歩いていると退屈です。ときどき初心者コースに移って軽く泳いだりもしますが膝が痛くなることがあり良くありません。とにかく退屈です。

何かやることはないかとボーっと考えていたら、面白いことを思いつきました。歩いているとプールの床がゆらゆらと揺れて見えます。そこで、光が斜めに水中に入るときに屈折するのはなぜかと考えてみました。

理科の授業では屈折率を使って計算したりしますが、私が疑問に思ったのはそもそも「屈折」はなぜ起きるのか、ということです。

むかし、屈折は空中と水中の光の速度の差によって起きると何かで読んだことを思い出しました。しかしサッパリその先がすすみません。そこでインターネットで調べるとちゃんと答えが書いてありました。

光が空中から水に入るときは、トラックがアスファルトの舗装道路から砂利道に入るような場合と似ているのだそうです。トラックが光で、砂利道が水中です。
つまり斜めに砂利道に入ろうとするトラックはまず運転席の左側(図に向かっては右側)の車輪が砂利道に入るので抵抗が大きくなり速度が落ち、右車輪はまだアスファルト道路にあるので抵抗が少なく先に進む。そうするとトラックの進行方向はやや左に向きを変える。つまりアスファルトを走って来た角度よりも大きな角度になる。
2019-06-10zu1

運転席の右側の車輪も砂利道に入ると左右の車輪とも同じ水の抵抗になるのでそのまままっすぐ進む。アスファルトを走って来た角度よりも大きな角度で砂利道を進む。これが屈折の原理だというのです。
2019-06-10zu2

参考・・・光の速度は真空中で最も速く、空中で少し遅くなり、水中などではもっと遅くなります。

なるほどよく分かりました。ところがちょっとおかしなことに気づきました。
トラックの左右の車輪のように2つの平行な光が来た場合を考えてみました。
2019-06-10zu3

画面に向かって右側の光が先に水に接触するので速度が落ちるのは分かります。ところが、左の光はそのまままっすぐ進んで水に接触するだけです。それぞれ水に接触したときに速度が落ちたとしてもなぜそこで曲がらねばならないのか分かりません。
2019-06-10zu4

つまり、トラックの左右の車輪は車軸でつながっているので、一方の抵抗が大きくて速度が落ちた場合、そちらに寄って(少し回転して)進行方向が曲がることは理解できます。

しかし2つの光線はつながっていないので、一方が速度が落ちたとしても他方はそれとは関係なく先に進んでしまい、曲がる(屈折)の説明はできません

ここで私は数日間あれこれと考えながら水中歩行をしていました。

2つの光線がもっとずっと近寄っていたらどうかと考えたのですが、いくら近寄っていてもそれぞれの2つの光線は独立しているだろうから他方とは関係なく動くだろうと考えました。
そこで2つの光線ではなく、幅が1mmくらいの1つの光線ではどうなるか考えてみました。しかし光線の右端と左端はやはり他端と関係なく動くと思われました。幅が0.1mmくらいでも同じでしょう。もし光の波長程度の場合でも同じかな?

(参考ですが、赤い光は約700nm(ナノメートル)、たぶん0.0007mmくらい)

光の波長とは何だ?、しかしこれは難しそうでこれ以上考えるのは止めました。(ずっと後でまた考えることになったのですが、それはまた後で)

何日かたって面白いことに気づきました。

光は波でもあり粒子でもあると言われています。そこで光の1粒について考えてみると、進展がありました。粒だから横幅があります。
2019-06-10zu15

その光の粒が水面に到達すると(下の図では)右側が水に接触して抵抗が大きくなり速度を落とそうとする。
2019-06-10zu16

光粒子の左側はまだ空中にあるので速く進む。その結果、光の粒は少し回転するような形になり向きを変える。
2019-06-10zu17

光の粒が完全に水中に入ると左右とも同じ抵抗になるのでそれ以上回転することはなくそのまま直進する。この方向は空中を飛んできた場合よりも角度が大きくなっている。このような光の粒がたくさん集まって、目に見える光線となっている。
2019-06-10zu18

これが、私が水中歩行しながら理解した屈折の原理です。(間違ってるかもしれません)

何日も何日もただ水の中を歩くだけですから、こんなことでも考えていないと間が持ちません。

カボチャが独り立ち

2019.6/8(土)、小雨  カボチャがぐんぐん蔓を伸ばし始めました。もう独り立ちという感じです。
2019-06-08 09.29.30

6/5(水)には、60cmくらいに延びた主蔓の先端をカットしました。ちょん切りました。かわいそうに・・・、ではありません。
こうすることで脇蔓が数本出て延びてそれぞれに花が咲き実がなります。これはカボチャやスイカの蔓管理のセオリーです。
2019-06-05 15.47.28

今年はウリハムシも少なかったのですが、まだ寄ってくるので充電式掃除機で取っています。
2019-06-08 09.27.31

5/29(水)にはまだ行灯の中に保護されていたのですが。この時期は1週間もあると大きく変わります。
2019-05-29 10.53.33

リンパ腫の再発

2019.6/8(土)、小雨  昨日は小雨の中、果樹を植える穴を掘ったり元気に動いていますが、実はリンパ腫が2月に少し再発していました。現在は治療を終えて一昨日の検査では寛解(かんかい)の状態です。※ガンなどでは完治と言わず、とりあえず症状が消えている状態と言う意味で寛解と言います。
「少し再発」と書いたのは、PET画像診断でも少し出てる程度であり、血液検査でも許容値519(別の基準では496)の値が800位に上がった程度だったためです。それでも放置するのは良くなく、3月に4日間入院して分子標的薬(リツキシマブ)の点滴を1回やり、その後毎週一回通って合計4回の点滴をやりました。それから1カ月余りたった5月半ばに再度PET撮影し、その結果を一昨日に聞いたのですが、ほぼ消えていました。念のため今後もしばらく2カ月ごとに点滴します。

ガン細胞は正常な人でも毎日500~1000個くらい発生しており、それを人が持っているキラー細胞が食い殺しているのでガンが発症しないらしいです。分子標的薬というのは簡単に言うとガン細胞に目印を付けるものらしく、キラー細胞が働きやすくするもののようです。(専門的にはすこし間違った説明になっているかもしれません。)
そのため分子標的薬を点滴しても正常細胞を攻撃するようなことはなく、頭髪が抜けるとか疲れるようなことはないのですが、事前にアレルギー対策の薬を点滴するために終わった後も一日中眠くてたまりません。

ところで数日前、日立製作所の会長で経団連会長の中西宏明氏がリンパ腫で仕事を停止して治療するとの報道がありました。リンパ腫というとあまり聞かない名前だと思っていた人もいるでしょうが、そうでもないものだと知ってもらえそうです。なお彼とは入社当時、同じ独身寮でした。別に親しくはありませんでしたが。同じリンパ腫にかかったと言うことで身近に思えてきました。

なお新聞記事では、彼はリンパ腫になったが悪性の可能性もある、と書いていました。経団連がそう発表したのかもしれませんが、リンパ腫と診断されればすべて悪性リンパ腫であり、リンパ腫に良性はないそうです。ステージは他のガンと同じく1~4まであります。

梨の新たな苗の穴を掘る

2019.6/7(金)、小雨 今日は雨になる予報だったので朝食後さっそく裏の果樹園に出かけて、先日買ってきた2本目の梨を植える穴を掘りました。
手前の木が「新高」というジャンボサイズの実ができるというものですが、花は咲いたのに実は全ったくできていないのでその対策です。
2019-06-07 08.07.48

雨がぽつりぽつりと降って来たので、直径はやや小さめの70cmくらいで終わりにして、一部が腐葉土化した枯れ草を入れて土を掛け石灰や苦土石灰を入れて混ぜ、雨が強くなったので終わりにしました。これで2週間くらいおいて、その後ケイフンを入れてまた1,2週間待って、今月末に買ってきた苗を植えます。
2019-06-07 08.38.41

買ってきた梨(豊水)の苗は畑に仮植えしています。

こちらは4月初めの梨(新高)の花です。みごとに咲いています。
2019-04-12 15.29.46

ところが実は一つも付きませんでした。やはり違う種類の梨がないと受粉出来ないようで、本日準備した梨(豊水)の花が来年咲けばたくさん稔ることが期待できるはずです。
 2019-05-08 10.31.29