リンパ腫の再発

 

2019.6/8(土)、小雨  昨日は小雨の中、果樹を植える穴を掘ったり元気に動いていますが、実はリンパ腫が2月に少し再発していました。現在は治療を終えて一昨日の検査では寛解(かんかい)の状態です。※ガンなどでは完治と言わず、とりあえず症状が消えている状態と言う意味で寛解と言います。
「少し再発」と書いたのは、PET画像診断でも少し出てる程度であり、血液検査でも許容値519(別の基準では496)の値が800位に上がった程度だったためです。それでも放置するのは良くなく、3月に4日間入院して分子標的薬(リツキシマブ)の点滴を1回やり、その後毎週一回通って合計4回の点滴をやりました。それから1カ月余りたった5月半ばに再度PET撮影し、その結果を一昨日に聞いたのですが、ほぼ消えていました。念のため今後もしばらく2カ月ごとに点滴します。

ガン細胞は正常な人でも毎日500~1000個くらい発生しており、それを人が持っているキラー細胞が食い殺しているのでガンが発症しないらしいです。分子標的薬というのは簡単に言うとガン細胞に目印を付けるものらしく、キラー細胞が働きやすくするもののようです。(専門的にはすこし間違った説明になっているかもしれません。)
そのため分子標的薬を点滴しても正常細胞を攻撃するようなことはなく、頭髪が抜けるとか疲れるようなことはないのですが、事前にアレルギー対策の薬を点滴するために終わった後も一日中眠くてたまりません。

ところで数日前、日立製作所の会長で経団連会長の中西宏明氏がリンパ腫で仕事を停止して治療するとの報道がありました。リンパ腫というとあまり聞かない名前だと思っていた人もいるでしょうが、そうでもないものだと知ってもらえそうです。なお彼とは入社当時、同じ独身寮でした。別に親しくはありませんでしたが。同じリンパ腫にかかったと言うことで身近に思えてきました。

なお新聞記事では、彼はリンパ腫になったが悪性の可能性もある、と書いていました。経団連がそう発表したのかもしれませんが、リンパ腫と診断されればすべて悪性リンパ腫であり、リンパ腫に良性はないそうです。ステージは他のガンと同じく1~4まであります。

81 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です