黄色のトマト、ハクビシン

 

 昨年のトマトから自生したミニトマトに黄色のものがありました。昨年は黄色はなかったはずなのに不思議です。ただし、黄色がなるのは下の方だけで、上の方は赤くなります。全く不思議。
 皮が薄く甘く、まことに結構なミニトマトです。種を取ってみようかと考えています。
 

 インターネットで検索してみると・・・黄色のトマトはちゃんと種を売っているそうです。着果性が良く、果肉はやや柔らかく、非常に高糖度だとちゃんと書いてありました。インターネットには、ほんとになんでも出ていますね。

 団地内のあちこちの畑や家の庭でハクビシンに食べごろの果物を取られたりいたずらされているそうです。ところが、不思議なことにうちの庭の菜園も裏の畑でも全く被害がありません。そういえば、しょっちゅう立ち寄っている近くのOさんの庭の立派なトマトにもハクビシンは全く来ていないそうです。

 ひょっとしたら犬の匂いが嫌いなのではないかと考えていましたら、水戸のGさんが、自分が見回れれなかった一昨年、畑に犬を遊ばせていたらハクビシンの被害がほとんどなかったとのことです。お犬様のご利益かも。

 インターネットでハクビシンは犬が嫌いかと検索してみましたら、それらしい書き込みもちらっとありますが、本格的な記事はありませんでした。

2 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です