安倍首相と国民にお願いしたいこと

 

2020.8/11(火)、晴れ  
安倍首相にお願いしたいこと。
1.新型コロナ対策で、もっと国民に語り掛けてください。多くの国民、特に中小の事業者はお先真っ暗の状態です。首相は日本のリーダーです。「新型コロナは専門家も分からないことが多く、難しい舵取りが必要な状況が続いています。しかし私は常に国民の皆さんと共にあります。」くらいの演説をやって欲しい。
2.別荘に出かけて緑を見て、息抜きして、リラックスして、「心身の充実を心がけて」、 その上で重要な方針の策定をやってください。「私も自粛していま~す」ではマスコミの攻撃はないでしょうが、それでは困ります。マスコミから攻撃されても、適切な方針や語りかけで国民を味方にして乗り切ってほしい。

国民、マスコミにお願いしたいこと。
1.東京都民の安倍さんが軽井沢に行って休憩しても、とっちめないでください。マスコミの方、特にお願いします。
一国のリーダーはただでさえストレスの塊のようなものでしょう。加えて現在は、専門家もよくわからない新型コロナで心身をすり減らしているはずです。少なくとも、このタイミングで誰かに代わっても同じです。だからリラックスしてもらって間違いのない方針決定をしてもらいたいのです。自衛隊のヘリコプターを使って軽井沢の別荘に行っても構わないじゃないですか。
 2.リーダーは庶民と役割が違うことを分かってください。 ときどきマスコミで、現在は新型コロナとの戦争だ、現在の首相は戦争やっている時のリーダーだ、と言われることがあります。それが分かるならばですが、連隊長や軍艦の艦長は一兵卒と同じ気持ちではいけないことを分かるべきです。心身リラックスして英気をやしない、間違いのない方針を決定するゆとりが必要です。非常時に方針が間違ったらいくら兵卒が頑張ってもどうにもなりません。
 3.政治家に聖人君子を求めるのは止めよう。政治家、特に首相は自国民のためになる正しい方針決定が最優先事項です。破廉恥では困りますが、しかし聖人君子であっても、若者に仕事や生きがいを与えられず、外国からバカにされ攻め込まれたら失格です。重箱の隅をつついて聖人君子でないからダメだ~というのではなく、経済を回して国民を飢えさせz、外国からバカにされない状況を維持できれば、政治家としてはそれでいいじゃないですか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です