新型コロナ抗体、わずか0.23%

 

2020.6/11(木)  ソフトバンクの従業員を対象に約38,000人に新型コロナ抗体検査やって、抗体を持っていたのはわずか0.23%だったとのこと。もう少し多いと思っていたので驚きました。別に根拠はありませんが、数%くらいかと思っていました。
医療従事者は約6000人やって1.79 %。これはまあそんなところか、いやこれも少ないかな。
2020-06-10 07.48.54
※抗体・・・感染することで(発症しなくても)免疫の働きでウイルスに対抗する「抗体」が体にできる。多くの人はすでに回復している状態。

多分これらは東京中心のデータだろうから、地方ではもっと少ないのでしょう。このような1次情報は大切です。専門家の解説が待たれます。

私の感想ですが、「個人的には」抗体検査をやっても(現在のところ)何の役にもたたないので、全員やるべきだ~と騒がない方が良いと思います。過去にかかったことがあると分かっても、抗体持っていても新型コロナに感染しないとは(まだ)分かっていませんので、今の自分には何の役にも立ちません。ただし、感染の全貌を考察するためには極めて重要な調査であると思います。
なお私は、1、2年後にはやってみたいと思っています。理由は単なる好奇心です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です