プリンタが壊れた

 

2018.9/27(木)、 一昨日、パソコンのプリンタが壊れました。わずか2年余りの使用だったので少し残念ですが安いものだったのでまあまあ。原因ははっきりしませんが、たぶん安いインクを使ったためだろうと思っています。

昨年末から3種類ばかりの安インクをテストするつもりで使っていたのでそのせいだろうと思います。最後に入れた黒インクが、カートリッジの外側にインクが漏れていたのを拭いてセットしたのですがそれから数日で動かなくなりました。プリンタの下のスポンジの部分を触ってみると黒いインクで濡れていましたので、素人診断ですが、インクが漏れてプリンタのどこかを壊してしまったのではないかと思います。それ以上の問題かもしれませんが分かりません。

「修理に出せ」と案内が出ましたが、修理に出さず廃棄して買い替えることにしました。修理にはインクを付けたまま送らねばならないだろうし、そうすれば互換インクを取り付けたままになりますので、「純正でないインクを付けたので壊れたのだ」と言われるだろうと思ったからです。

安いインクを使うとプリンタが壊れるよと、いろんな所で書いてあるのを見た記憶があります。あれはプリントメーカの脅しかと思っていたのですが、そうではないようです。そういえばずっと前にも一度、安いインクを使ってプリンタを壊したような記憶があります。

今回ようやく思い至りました。それは、現在のPC用プリンタは極めて精巧な印刷ができるすばらしいものですが、これはインクカートリッジを含めて極めて精巧なシステムであるということです。
ところが、プリンタの内部には手を入れられませんがインクは簡単に交換できます。そこで気軽に純正でない安い互換インクを入れてしまいがちです。
しかし、プリンタ本体だけでなくインクカートリッジの構造、インクの封じ方、インクの粒子、さらにインクの色や耐久性(耐候性)を含めて複雑で精密なシステムなのです。つまり、インクはプリンタの「部品」であると考えるべきです。したがって安易に、純正でない安い互換インクを使ってはいけないものなのだ、ということが体験的によく分かりました。

本題をそれますが、半導体メモリは、パソコンやデジカメのメーカ指定の純正でなくても十分動きます。メモリは完全な固体物であり機械的な部分は接触部分だけですから動作不良になる恐れが少ないと言えます。
それに対してプリンタは機械的に動く部分が多く、しかもインクは液体であり、そのインクを目に見えないほどの微細な液滴にして空中を飛ばして紙に噴霧する、しかも数種類のカラーインクを制御する、それを極めて高速に処理するという、信じられないほど高度な精密機械です。ですからその「部品」でもあるインクは純正を使うべきというのが、ようやく私がたどりついた結論です。

おまけにもう一つ。インクの値段が高いと思っていましたが、そう考えるのは間違いですね。あれだけの高性能であるプリンタが僅か1~2万円前後で買えることを考えるとインクが高いのは妥当と考えるべきです。つまり、たくさんプリントする人もあまりプリントしない人も、高性能のプリンタを使え、プリントする量に応じてインク代金で支払う大変よくできた体制、と考えるべきだと考えるに至りました。

電気量販店やホームセンターに行くとたくさんの安い互換インクを売っています。インターネットでは純正よりも先に互換インクが表示されます。

下の画像は純正インクの広告です。他の店と比べると大変安いですが、ビックカメラで売ってるもので、これは純正であり全く問題ありません。
2018-10-17ink4

以下、互換インクの事です。
下記は安い互換インクですが、1行目に「互換」と書いてありますから分かり易くまだ良心的です。
2018-10-17ink3

下記のものは「最優良純正」などと書いて、互換の「互」だけが最後にちょろっと見えます。注意しないといけません。値段を見れば純正ではない互換インクと分かりますが、慣れないと間違うかもしれません。
2018-10-17ink1

他には、「CanonBCI371XL+370XLBK純正互換インク」などのような紛らわし記述のものもありました。見慣れた文字がずらずらと並んでその中にただ2文字「互換」が入っているだけだと見落とすことがあります。注意が必要です。

下のインクはどこにも互換とは書いてありません。インクカートリッジの画像のデザインとか値段が安すぎるのを見て純正ではないと判断するしかありません。こんなものは販売業者で取り締まってほしいものです。
2018-10-17ink5

下のものは、箱の図柄も純正とよく似ており、価格もほとんど純正と同じようなものです。「リサイクル」と書いてあるのですが、前後にカタカナがたくさんあるので見落として、おまけに値段も純正とほとんど同じなので、みごとに引っかかって買ってしまいました。返金を申し出ましたが、なんの連絡もありません。間違って買った方が悪いということなのでしょう。
2018-10-17ink2

互換インクが、量販店やアマゾンや楽天をはじめとするインターネット販売でこれほどに売られていると、使って良いのではないかと思ってしまいます。

私も買っていろいろ試してみました。
しかし、色変わりは激しいし、時々プリンタが壊れることがあることを知っておくことが必要です。
私はもう互換インクは使いません。純正インクはプリンタの部品だと考え、純正でない適当なものを入れてはいけない、これが約1年かけての私の結論です。

226 

プリンタが壊れた” への1件のコメント

  1. 昨年、堂平集会所のプリンターが壊れました。K’s電気で修理をお願いしたところ、そのプリンターはキャノンの方針で、新しい別のプリンターと交換となりました。定価を調べると若干安かった記憶があります。その代わりインクは別のものになりましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です