SDメモリー

 

2018.7/21(土)、晴れのち曇り  数日前のアマゾンプライムデーで64GBのSDカードが2300円余りで売っていたので、必要はなかったのですが買ってしまいました。製造元はTranscendという台湾の半導体メーカです。

最近は記憶容量だけでなく転送速度がいろいろあるらしいです。
Cで囲った10のような(10、というのは「スピードクラス10」のことで、スピードクラスとは1秒間に読み書きできるデータの最低保証速度。「スピードクラス10」は最低10MB/秒を保証だそうで、最新のものは当たり前のこととして書いてないのもあるとか。私が持ってる古いのはC4というのがありました。
Uで囲って1などが書いてあるのは、UHS、ウルトラハイスピード規格だそうで、「1秒間に10MBのデータ転送速度を最低保証」ということで、C1と同じらしいですが、相手がUHS対応機器の場合のみ有効とか。まあ当然でしょう。

買ったのはいいが、スマホもデジカメもそれなりの物が入っていますので、当面、引き出しの中で眠っています、使い道がありません。(^_^;
2018-07-20 11.25.31

近くの量販店で全く同じ記憶容量64GBで速度C10,U1を6980円で売っていました!
メーカーはSanDiskという米国の半導体メーカです。ただし、同社のSDメモリカードは半導体を日本で作り、中国で組み立てていると解説があります。
2018-07-20 11.28.24

これほどの高価でも売れるのは、信頼性なのか、客の心配を人質にした商売なのか、分かりません。(@_@)

399 

SDメモリー” への3件のコメント

  1. 量販店で、買う気がしません。が、アマゾンで、ノーブランド8gb3百円強で一枚買ってみましたが、使い物になりませんでした。PCからデータを移動しても、コピーされていない。よく見たら、評判も悪かった。

    • 300円余りじゃ送料考えれば利益が出ないから無理な商売するんでしょうかね。
      手間がかかりますが返品すると、アマゾンや販売店も学ぶことになると思います。300円ではその元気も出ないかもしれませんが。(~_~;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です