ガンのこと

2017.6/23(金)、晴 乳がんを患っていた小林麻央さん(市川海老蔵の妻)が亡くなったそうだ。抗がん剤治療を長く続け、放射線治療もやっていたそうだが、最近はあちこちに転移していたとのこと。
まだ若くいろんなことをしたかったろうし、幼い子供2人を残して心残りでもあったろう。

何か悪いことをしたわけでもなかろうに。突然人は死ぬ。諸行無常を思い知らされる。生きていることは「有り難い」ことである。

抗がん剤治療は全身への影響があり、昨年夏18カ月もやっていると聞いた時点で大変だなと思った。抗がん剤は全身の細胞の再生を停止させてガン細胞の分裂増加を抑えるものであるため正常な細胞もダメージを受ける。自覚症状としては食欲はなくなるし、グッタリとして疲れはててしまい、生きてるのか死んでるのか分からない状態のような気分になってしまう。私は5カ月やっただけでこれ以上できるかなと思いかけたのだが、18カ月もの間またそれ以上の期間よくがんばれるなと思っていた。選択の余地はなかったのだろうが。

当方の悪性リンパ腫は医学の発展のおかげで比較的治り易くなっているが、治り難いガンもまだ多い。同じガンでもいろいろある。
ある先生から「たちの良いガンで良かったですね」と言われたが、確かにそうだったかもしれない。たちの良い悪いは何の違いなのだろうか?

私も、考えてみれば平均寿命まであと10年ちょっとになった。残りの少なさに驚く。ガンになるまでは考えることもなかった気がする。残りの期間に何をすべきか?
何もしなくて良いと聞くこともあるが、それではせっかく生きている意味がない、と考える。動けなくなったら仕方がないが、動ける限りは何かしていたいものだ。できれば誰かの何かに役立つものであり続けたい。幸い私はそのようなものを見つけることや行なうことが楽しみなのでその点は問題ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。