微量だと有益、大量だと害毒

 

2014.5/6(火)、曇り ホルミシスという言葉を知っていますか?
いろんな元素や化合物が、微量だと人間に有益で大量だと害毒になるという考えだそうです。
塩(食塩)は毎日3,4グラムは必須量というのはご存じのとおりですが、300グラムくらいを一度に摂取すると人間は即死するらしいです。確かに、銅や水銀なども大量だと毒になるが、微量だと必要です。

このようなことは多くのものごとで見ることができます。例えば、子供の教育でも適度に叱ることは必要でも叱り過ぎると委縮させてしまいます。麦は2月頃に麦踏みをすることで霜柱で浮いた根をシッカリと土に付けて枯れることを防ぎます。生物は予防注射などで体内に病原菌の情報を取り込むことで免疫システムが機能して大量の強い病原菌がやって来たときに直ぐに対応して病気にかからなくできます。子供時代にワイルドに遊び小さなケガ等を経験することで限界を知り、それにより大きなケガを防止できます。精神も、小さな精神的なストレスを経験することで大きなショックも受け流す事が出来るようになります。
国も防衛がシッカリしていると周辺諸国に伝えることで侵略されないで平和を維持することができます。また、国境の小競り合いの戦いをうまく処理することで本格的な侵略を防御できます。

Wikipediaには下記のように描いてあります。
「ホルミシスとは、何らかの有害性を持つ要因について、有害となる>量に達しない量を用いることで有益な刺激がもたらされること」
http://p.tl/NfPH

大量だと毒になる物質が微量に体内に入ることで体を刺激して活性化するという理解のようです。面白いのはその先で、放射線においても同様のことが言えるという主張があります。T.D.ラッキー博士の研究では、
放射能が年間3mシーベルト程度というのは不足レベルであり、
10mシーベルトが限界でそれ以下では不足、
100mシーベルトあたりが最適値、
1000mシーベルトが10mシーベルトと同じ程度の限界でそれ以上だと健康に害が出始める、
という主張です。
これによれば、現在日本のあちこちで行われている除染の基準は厳しすぎて無駄な出費になるだけなので止めるべきである、ということらしいです。
電離放射線の生物学的効果: 日本に贈る一視点、T. D. ラッキー, PhD
http://p.tl/6Q5Y

日本でも同様の意見があります。
http://www.shinene.com/hormesis/effect/
ただしこの記事を書いている会社については、健康食品の販売などをしている点などすぐに利益につなげようとしていることから、私も少し違和感があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です