犬の毛がハクビシン対策に有効!

 

2020.6/10(水)、晴れ ハクビシン対策として犬の毛をネット袋に入れてぶら下げることで効果があるらしいです。
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構が研究成果として公表しています。
機構トップページ http://www.naro.affrc.go.jp/index.html
「イヌの被毛を10gずつネットに包み、平棚の柱および主幹に約1mの高さで設置すると、ハクビシンへの忌避効果によりブドウ果房に対する食害を防ぐことができる。」と書いてあります。
http://www.naro.affrc.go.jp/org/narc/seika/kanto22/04/22_04_02.html
image

設置日以降はほぼ全く被害が無くなったとグラフで示してあります。
image

別の所の記事には、オオカミによって襲われる記憶がハクビシンに遺伝として残っており、犬はそのオオカミの臭いがするから、と説明している。ハクビシンに聞くことはできないがそういうこともありそうだ。

これまで袋を何重にもかけてきたが、今年はこれでうまくいくかも。
2020-06-06 14.04.37

うちにはミニチュアダックスがいます。毎年数回カットしてやりますが、これまでカットした毛は捨てていました。貴重な資源だったわけです。
image

5月初めに切ったのであまり伸びていませんが、少し切らせてもらうことにしました。
2020-06-11 14.37.22

2020-06-11 14.37.45

夏ですからもっとちゃんと切っても良いのですが、昨日もこれくらい切ったのでまあ良いでしょう。
2020-06-11 14.46.04

不織布で軽く包んでネットに入れ、イチジクの木の2カ所に括りつけました。
2020-06-11 15.00.372020-06-11 15.01.36

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です